40代になると痩せにくくなる!?有酸素運動と筋トレ、食事のバランスで基礎代謝をアップさせよう

No Comments

私的に女性からすると、結婚式は生涯一度だけのはずのことなので、婚約してから、私もそれなりにダイエットに励みました。加えて、エステにも通いました。

お金が色々とかかったので2日間しか行くことができなかったけれど、通常しないことをしてわずかに綺麗になれた気がしました。

ダイエットする事を決めたその時が、最もやる気に満ち溢れているといえるでしょう。痩せる為には、その体重を落とすぞという気持ちをいつまでも持続させることが大切なんですよね。特に当初に必死に頑張り過ぎるとすぐに、気持ちが折れやすくなってしまうので、ゆるくスタートしましょう。

ついつい口さびしくなって口に物を入れてしまうことが多くてお困りの方はお菓子の代わりにスムージーを飲む置き換え減量はどうでしょう。

スムージーは自分好みの食材をミックスしてもいいですし、ネットやお店でスムージーを買うこともできるでしょう。おやつ代わりやご飯代わりに飲むことで、効率的に減量ができるんです。スムージーを噛んで飲むとこれ以上なくいいですよ。

有酸素運動は最低でも20分以上継続しないと効果が見られないといわれてきましたが、今は長く続けなくても20分を超える時間をエクササイズしていれば効能があるといわれています。

また、筋トレのほとんどは酸素を利用しない運動ですが、呼吸をする運動、呼吸を詰める運動を交互に行うことで効果をよりアップさせることが、成功します。ダイエットをする時は無理をし過ぎないことです。食べないダイエットは確実に痩せますが、悪影響もあるのです。

私の場合は生理が止まってしまったのです。排卵が止まり、婦人科で、薬をもらって治療しました。あまり頑張りすぎると長続きしないし、危険だと思います。

常日頃、歩くときにお尻に力を入れて、多少、大またで歩くだけでも結構、違いが出てくるのです。減量といえば有酸素運動が良いといいますが、有酸素と無酸素の区別というか、境目がわかりません。

普通、息は上がるけれど、汗はあまりかかない程度というのが、判断するようです。でも、汗をかく状況は季節によっても変わりますよね。もっとちゃんとした境界線などがあるとダイエットがしやすくなると思います。ダイエットは一日二日で結果が出るものではあるわけではないですよね。

急激に痩せるということは体が弱くなってしまうので、無理なく痩せるための方法を選び、それを何度も行い、少しずつ体重を落としていくのがいいでしょう。

ダイエットが成功したといってすぐやめてしまうと、元の体重にすぐに戻ってしまうことがありますので、最低3ケ月は引き続き行いましょう。短い間に健康的にやせるには水泳がベストです。

走ったりは苦手な方でも、水泳ならば浮く力で、体にも負担がありませんし、泳ぎ終わると疲れが気持ちいいくらいです。ダイエットを目標に沢山の人が水泳をしていますので、1人で泳いでいても全く恥ずかしがることはありません。

水泳は想像以上にカロリー消費が激しいので、継続することで必ずやせられるでしょう。

体重を落とすのに効果的な運動といえば、ウォーキングです。ダイエットを貫徹させるためには、消費カロリーより摂取カロリーが上回ることが肝心なのでカロリー消費が激しいジョギングやエアロビクスや自転車散策などの運動が第一候補として上げられます。

併せて、体を引き締めてメリハリのあるボディラインを形作るためには筋トレも重要です。私は子供の誕生後、増加した体重とたるんだおなかを元にもどすために、ダイエットと合わせて人生初の筋トレをしました。

100%おっぱいで育児をしていたので、大してダイエットをすることができなかったのですが、筋トレはたくさん熱心にしました。おかげさまで、6カ月ぐらいで、だいたい元の体型になることができました。実際、ダイエット法にはいろいろとありますが、基本的にはたべものと運動が大切だと思います。

食事制限とエクササイズを並行してすると一段と効果的なので、毎日何かしらのトレーニングを行えばさらに良いですね。スポーツクラブなどに通うというのも良いですし、それができないといった方は自分でトレーニングやジョギングを行うように心がけていきましょう。

体重を落とす事は以前に数度何度かしてきました。現在も時々やっているダイエット法は小さな断食です。1日日程のない日にウォーター以外は何も食べないようにします。

翌日の夜明け直後は重湯やおかゆのような胃に負担の少ない食べ物を食べて、後は普通にやって行くのです。胃のリスタートにもなって身体にも良いそうですよ。減量する上で重要なのは息の上がる程度の運動と筋トレです。

遅筋は有酸素運動をするときに主に使われる筋肉ですが、筋トレで使うのは速筋という筋肉です。ご存知かもしれませんが、遅筋は成長しにくく、マッチョみたいになりにくい筋肉です。遅筋と速筋を一緒に鍛えると、イメージ通りのスタイルに少しづつですが近づくと思います。

ダイエットしている時の間食は絶対にいけません。おやつでの食べ物が、仮にスナック菓子などではなかったとしても、口にすれば太るという事実を頭に入れておいてください。

我慢のしすぎもいけませんが、一日三回、たべものをきちんととって、あとは食欲を抑制できるように体質を変えたいですね。

痩せよう!と頑張って実行していると結構、厳しい食事制限をかけてしまう人もいますが、断食などの減量は、懸命です。減量をしていてもひもじくなってしまったら無理をせずに召しあがってください。できるだけカロリーが低いのものを食べるようにすれば急に体重が増えたりすることもありません。
参考にしたサイト>>>>>アラフォーで痩せない人のためのダイエット

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です