年を取ったら代謝アップをしながらダイエットをしよう!

No Comments

人間の、基礎代謝は年を重ねるにつれ落ちていくといわれています。現に食生活は変化していないのに年をとる毎に太りやすくなっている感じがします。

脂肪が燃えやすくなったり吸収をしづらくするタイプのサプリもたくさん売っていますが、出来る範囲、自然成分からできている漢方で筋力をつけ、基礎代謝アップを目標にしたいです。体重を減らすことを実行中の人は運動をして体重を減らすことを行うのは普通だと考えられますが、時間を決めて行っているでしょうか?

なるべく毎日朝、夜なら夜と決められた時間に運動を行ったほうが痩せやすくなる体にすることが出来るようになるのです。これを食べておけば痩せていくなんていう、食べ物はないと言えます。そうはいっても、単純にカロリーが低いものとか、食物繊維を豊富に含んでいて、お通じを良くしてくれるものは痩身の効果がありますよね。野菜やきのこ類、海藻類を多く摂取すると、体重が増えにくくなるでしょう。

また、カロリーの高い食べ物を制限することも大切です。体重を減らすことが継続できないという場合は、体重を減らすことの成功例を聞いてみましょう。

ネットに載っている情報などは信じきれないと思うので、機会があるならば親しい人の体験談をじかに尋ねるのが良いでしょう。

成功体験を知ることでがんばろうという気が起きます。体重を減らすことといえば、有酸素運動ですが、とても効果的な心拍数を自分自身で把握することで自分の自身を効率よくエネルギーを燃焼して、脂肪の燃焼を高めることが出来るのです。長時間継続して体を動かすほど痩せられるという訳ではなくて、特に激しい運動などは筋肉に酸素が行き届かなくなってしまい、逆効果になります。

基礎代謝量を今よりあげていくためには有酸素運動が効果的といわれています。一番簡単にできて効果があげやすいのはウォーキングだということです。もちろん、ただだらだらと歩くだけではなかなか基礎代謝を上げることはできないでしょう。

下腹部にぐっと力をこめるようにして、顎を心持ち引いて、できるだけ遠くの前方を向くなど筋肉を使いながら歩くことを意識しながらつづけることで、ウォーキングの効果があげることができます。体重を減らすことは過去に何度かしてきました。今も時折、実践してる痩せる方法はプチ断食でございます。その日の予定がない日にウォーター以外は何も食べないようにします。

翌朝はお粥などのお腹にやさしい食べ物を食べて、後は普段通りに生活するのです。胃の仕切り直しにもなって身体にも良いそうですよ。痩せる食事のイメージは脂肪分や糖分が控えめに入っているものが浮かびやすいと思いますが、私の経験からすると、塩分が控えめの食事が効果的だったと思います。特に下半身太りのほうが気に食わない人は、まずは減塩からはじめることを勧めます。

どうしてもやって来るのが体重を減らすことしても体重が減らなくなってしまう期間です。こんな場合はどうすればいいのかと言うと、この状態で減量をやめてしまう人もいますが、着実につづけるのがポイントです。もし、身体を動かしていないのなら、食事だけはカロリーをチェックしたり、食事に注意しないのなら、運動量だけでもキープしましょう。

減量している時に、どうしても甘い物を食べたい欲求にかられた時に食べるメニューはずっと昔から寒天です。これは好きな味付けをすることができるので、飽きることが全然ないのです。

特に、缶詰のみかんを入れた牛乳の寒天と、さいの目に切った味なし寒天にたっぷりきなこと少々の黒蜜をまぶしたものが定番です。

私的に女性からすると、結婚は人生で一度きりのはずのことなので、結婚することになってから、私もそれなりに減量に励みました。

さらに、エステにも出向きました。結構な費用が掛かったので、2日間しか行くことができなかったけれど、普段と違うことをして少しだけ綺麗になれた感じがしました。もはや20年くらい前になりますが、その時、流行った海外製の痩せる!といわれるサプリを試しにやってみたことがありました。流し込んでしばしすると、動悸が発生したり呼吸が荒くなったりしました。

実際問題、期待どおりの結果があると判断すればいいのか、体に合わないのか判断できず怖くなり、たった一本で飲むのを中止することにしました。全く体重も変化しませんでした。体重を減らす為に朝食を抜くのは体に良くないので、欠かさず食べる方が効果的です。カロリーを考える場合は主食のお米をグリーンスムージーやヨーグルトなどのミネラル食品に変えるといいです。

他にも、温野菜サラダや温かいスープも新陳代謝が上がりますし、肌の調子も良くなります。バナナを朝に食べるのも良いので、朝食は必ず食べて健康に痩せましょう。

痩せるためにはある一定の期間が必要ではないですよね。いきなり痩せることは身体によくないので、ゆっくりと計画を立てた減量方法を選び、それを引き続き行い、ゆっくりと体重を落としていくのが基本です。体型が変化したからと言ってやめてしまうと、すぐに戻ってしまいがちですので、短くとも3ケ月は継続していきましょう。

基礎代謝を計ることは重要です。

なぜなら、自分自身の代謝量がわからずに、自分がどのくらいカロリーをとるべきなのか理解することは難しいからです。10代の頃のような無謀な減量をするのが体が言う事をきかなくなった分、常時冷静に数値を気にかけていたいと思うこの頃です。

体重を減らすことに、効果的なのは息が上がるほどの有酸素運動と筋トレです。遅筋は有酸素運動で主に使われますが、筋トレで使うのは速筋を鍛えます。ご存知かもしれませんが、遅筋は成長しにくく、マッチョな見た目にならないです。

この、遅筋と速筋の両方を同時に鍛えると、イメージ通りのスタイルになります。体重を減らすことには様々な方法がありますが、基本は運動と食事ではないかと思います。運動と食事制限を同時にやるとグッと効果的なので、毎日何かしらのトレーニングを行えば良いかもしれませんね。

スポーツクラブなどに通うというのも良いですし、もしそれがムリだという人はご自身でウォーキングなどのトレーニングを行うように心がけるようにしましょう。

昔、炭水化物を少なくする方法で減量を目指したことがあります。しっかり噛むことで、十分に満足しようとしたけれどやっかいだったです。日本の人間なので、たまには、がっつりと真っ白なごはんを欲します。

ですから、今は、夜のみ炭水化物のものを食べることを控えるけれど、朝と昼は何も気にせずに、ちゃんと食べるようにしています。よく体重を減らすことといえば有酸素運動を連想しますが、有酸素と無酸素の境目というか、境界線がわかりません。

普通、息は上がるけれど、汗はあまりかかない程度というのが、違いのようです。でも、発汗の仕方は気候によっても変わりますよね。もっとちゃんとした境界線などがあると体重を減らすことする気になると思います。私の場合、子供を産んだ後、増加した体重とたるんだおなかを元にもどすために、体重を減らすこととプラスして人生でしたことがなかった筋トレをしました。

100%母乳で子育てをしていたので、思うように体重を減らすことは進まなかったのですが、筋トレはかなり熱心に鍛えました。おかげさまで、6カ月ぐらいで、ある程度元の体型に返り咲くことができました。
もっと詳しく調べたい方はこちら⇒加圧インナーのレディースのおすすめはコレ

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です